Spent Grain Burger 麦芽粕バーガー

IMG_4078

ザ・モンクズ・ケトルは、サンフランシスコのミッションディストリクト近くにある酒場で、クラフトビールとグルメ向きのパブスタイルの料理を幅広く提供している。クラフトビールのメニュー(樽生ビール28種、ハンドポンプ1種、ボトルビール150種という多様性を誇る)は同レストランのエンジンで、ここではほとんどすべてのスタイルにおける最高のビールが取り揃えられている。シェフであるマイク・オブライエンがゼロから考案し、素材の味が活きた、アメリカ料理に根ざしたフードメニューは、ビールメニューにぴったり合うものとなっている。

材料

一晩水につけたひよこ豆 2カップ
麦芽粕 2カップ(麦芽粕がない場合は一晩水につけた麦で代用可)
にんじん(みじん切り) 1.5カップ
玉ねぎ(みじん切り) 1.5カップ
フレズノペッパー(小ぶりで辛味の強い唐辛子)(みじん切り) 1/4カップ
にんにく 4かけ

作り方

1. 鍋にすべての材料を入れ、ひたひたになるまで水を加え、材料がすっかり柔らかくなるまでことこと煮立てる。
2. 茹で上がったら水気を切る。
3. フードプロセッサーにかけ、材料すべてを混ぜ合わせる(少し歯ごたえが残る程度にとどめる)。

チリパウダー 大さじ1
パプリカパウダー 大さじ1
ガーリックパウダー 小さじ1
クミンパウダー 小さじ½
パン粉 3~4カップ
塩こしょう お好みの量

4. 上記をすべて加え、ぐずぐずに崩れず、よく延び、少し粘り気が出てくるまで、手で混ぜる。
5. 6オンス(170グラム)のパティをつくる。
6. フライパンに油を適量ひき、中火で焼く。
7. 最後に、パティを野菜などお好みの具材と一緒にバンズで挟んで完成。




このレシピを試したいのであれば、ブルワリーに聞いてみよう。小規模ブルワリーのほとんどが麦芽粕を分けてくれるだろう。しかし、プロが作るのを食べてみたい方は、横浜にあるチャコールグリルグリーン吉田町に行ってみよう。彼らはブリマーブルーイングから分けてもらった麦芽粕を使ってバーガーをつくっている。さらに、このバーガーをグリーンのハウスビールであるハウスIPAと合わせることをおすすめしている。ちなみに、このビールもまた、ブリマーブルーイングでつくられている。

This article was published in Japan Beer Times #27 (Summer 2016) and is among the limited content available online. Order your copy through our online shop or download the digital version from the iTunes store to access the full contents of this issue.